タクシードライバー

タクシードライバーの基本的な勤務パターン

タクシードライバーの1回あたりの勤務時間は、平均で15.5から18時間にもなります。しかも深夜勤務であることが一般的。これだけ見ると、ハードな職業に感じますよね。でも勤務日の翌日は必ず明番として休みになる上、シフト制によって連休を取ることも可能です。つまり隔日勤務になるため、これを1ヶ月単位でみると、なんと約半月は休める計算になります。もちろん法定外の残業は一切なし。実はタクシードライバーは休みが多く、趣味や家族サービスなどにも、たっぷり時間が取れる仕事なのです。 法律ではドライバーの休憩時間も厳しく定められており、1回の勤務時間内には必ず3時間の休憩が入ります。この時間帯に静かな場所で車を停めて仮眠をしたり、ファミレスで夜食を取ることもできます。

安定して高い収入を目指すなら都内大手のタクシードライバー

タクシードライバーの収入は、歩合制によって決まるのが業界では常識です。努力や熱意しだいによっては、いくらでも稼げるのが、この仕事の魅力の1つと言えます。ただし仕事や地理に慣れない初心者の方にとっては、最初の頃はなかなか収入に結びつかないのも、また一つの現実。その点、都内大手のタクシードライバーなら安心です。初心者でも即戦力のドライバーに育成できる優れた研修制度がある上、売上をアップする恵まれた営業環境もあるからです。

例えば、有名企業をはじめとした全国1万社以上もの法人と契約している、タクシーチケットもその1つ。チケット利用のお客は長距離が多く、繰り返し安定して乗車する傾向が強いのが特徴です。必然的に客単価も高くなるので、初心者ドライバーでもお得意さんを見つければ、高収入を期待できます。まさに都内大手タクシーの信頼があるからこそ、実現できた営業環境と言えるでしょう。